購入のメリット


コピー機を導入するための方法として、購入するという方法があります。こちらはリースと比べるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず購入の場合は所有権を得ることができるというメリットがあります。リースの場合はあくまでも借りているだけであり所有権はないのです。所有権があることのメリットとしては、売却や譲渡を自由に行うことができます。また、契約期間については縛りがありません。いつまでも自由に使い続けることができるでしょう。また、一定額未満のコピー機を導入した場合には、少額減価償却資産としての特例を使えることが多いです。

お金このようにさまざまなメリットがあるのです。ただし、コピー機を購入するデメリットもあります。まず、初期費用がかかってしまう点です。コピー機をまるごと買うことになるため、最初に高い費用がかかってしまいます。また、事務処理が増えてしまいます。減価償却をはじめとして、さまざまな処理をしなければいけないからです。また、固定資産として税金がかかってしまいます

このようなメリットとデメリットをよく比較してみて、メリットの方が大きいと感じたならば、コピー機の購入を検討してみると良いでしょう。お得な方法を選択してください。